保育ルーム、エステサロンにて、キセキのヒロシマをご活用いただきました!

2017年10月11日連絡

東京都渋谷区代官山町の
保育ルーム「なちゅなちゅ」様と、エステサロン「NATURA」様の
ウェイティングルームやカウンターにて、キセキのヒロシマをご活用いただきました。

お読みいただいた方からご感想を賜りましたので、ご紹介いたします。


サロンの先生にキセキのヒロシマを紹介して頂くまでは、
原爆の史実を描いた作品に対する漠然とした苦手意識がありました。
それは、今までに読んだ事のある原爆作品がどれも暗く
ジメジメとした怒りに満ちたものばかりで、読後感が良く無かったからです。

キセキのヒロシマは原爆投下から生き延びた曾祖母を持つ主人公の‘’今‘’から描かれており、
そこに描かれていたのはあっけらかんと原爆について語る主人公の姿でした。
悲惨な描写を覚悟していた私には正直拍子抜けしてしまいました。
その後に描かれる戦争の実体験には、子供を持つ母親として共感し、
涙の出るような悲しみを感じましたが、
次第に逞しく強く生きる女性の心の在り方に感銘を受け、自然と涙も引っ込んでしまいました!

原爆投下されたらと想像しただけでも言い表す事の出来ない不安と恐怖を感じ、
ネガティブな言葉ばかりが浮かびますが、作中の女性達は驚くほど前向きに生きていました。
その女性達の心に宿る恕す心に感心し、尊敬の念を抱きます。
恨むという事が、自分を暗い過去へと縛りつける行為だと教えて下さり、
前向きに生きる事の大切さと辛い目にあっても恕す気持ちを持とうと思わせていたただける作品でした。

素敵な作品を紹介して頂きありがとうございました✨


1人の女性の目線を通じて、たくさんのことを考えさせられる内容でした
また、いまの広島の街や人が生き生きしている理由を垣間見ることができ、
その姿勢から学ぶことがとっても多いなって思いました。

ピンク社長の、ピンクに込められた理由も知ることができて、なるほど〜〜!って思いました✨
貸してくださってありがとうございました✨


漫画ありがとうございました!
普段戦争のことや原爆のことに触れる機会がなかったので、
考える良い機会を与えてくださり有難いです。
広島の方々のように強く前を向いて生きていく事を、
子どもの教育にも活かしていけたらと思います!


マンガ読みました!
今まで生きてきた中で原爆のことや広島のことを全然知らなかったので勉強になりました!
また、人を恨んでもしょうがないことや
前を向いて生きることをとっても大事ということを、改めて考えられて良かったです!
お好み焼きがどうやって生まれたのかも初めて知れました!
ありがとうございます!


広島愛の強い女性の話にも取れるし、原爆から立ち直った広島の底力の話とも取れるし、
読む人によって捉え方が随分と違うものになるのかなと思います。
辛いことを嘆く人生ではなく有難い事に感謝する人生の方が幸せだとありましたが
全くその通りだと思います。
戦争だけじゃなく自然災害からの立ち直りも同じ事が言えますし、
日本の今の国民性はそういうところから出来上がってるんだと思います。
内容的には国内の人向けと言うよりも海外の人に読んでもらった方がいいのではないかとも思います。

あと、広島に住んでいた事もあるし実家に帰った時は必ず広島に行くので、
あぁあそこね、とか違う見方も出来ました。

キセキのヒロシマ1,000冊の無料貸出は、
教育機関様を中心に、皆様とご一緒に平和の輪を広げるために行っております。
是非ご活用ください。
こちらよりお申込みいただけます。
http://ppp.holy.jp/kashidashi/

※全て自費で行っておりますので、送料のみご負担をお願いしております。
30冊お貸出しの場合の送料は、
中四国・九州:1,500円前後、関東:2,000円前後でございます。

広島に修学旅行に来られる先生へ

LINEで送る
Pocket

連絡