小学校の平和学習でフェイスタイムを使った遠隔授業を致しました

2016年11月22日連絡

昨日9月7日、岡山市の朝日塾小学校6年生の皆さんと、
フェイスタイムを活用した遠隔授業を致しました!

フェイスタイム活用で小学生と平和学習
修学旅行の事前学習で原作者が授業

昨日9月7日、学校法人朝日学園
朝日塾小学校(岡山県岡山市)の小学6年生の平和学習で、
漫画「キセキのヒロシマ」の原作者の
多田多延子がフェイスタイム授業でお話をしました。

14247702_1153451114713057_1474875309_o

朝日塾小学校は広島への修学旅行を予定しております。
「キセキのヒロシマ」を読まれた小学校の先生が、
校長先生に平和学習プログラムへの組み込みを提案され、
快諾いただいたことがきっかけで、遠隔授業が実現しました。

授業の最後、生徒の皆さんは、
お話の中で特に感銘を受けた言葉を
それぞれ白い紙に書いて掲げて見せてくださいました。
「復興」「困ったときに立ち止まらずに前へ進んでいった人がいる」
「原爆が落ちたことをうらまない」「思いやり」等、さまざまでした。
このキーワードを切り口に、修学旅行でしっかり勉強して頂きたいです。

また、授業後には嬉しい感想も頂きました。

【戦争は、とめるのではなくはじめないことだとしって、そうだと思いました。
「戦争はとめるもの」だという、私の心を変えてくれました。】

【原ばくに対する感かくがいっぺんした。原ばくは、ねたみ、うらみなど
ドロドロした感情しか生み出さないものと思っていた。
みんな前向きだったから、今の広島があるんだと思う。】

【神様からもらった(いただいた)命を大切に生きていきたいと思った。】
平和への想いが伝わり、嬉しく思います。

授業の様子や子ども達の感想は、
朝日塾小学校ブログでご覧いただけます。↓↓
http://www.asahijuku.ac.jp/primary/blog/detail.php?id=971

授業の成功を受け、
他県の学校からも実施のお問い合わせをいただいております。
今後も、インターネットを活用した授業で、世界中の子供達と
平和の実現に向けて一緒に学べる日が楽しみです!

14284959_1153451101379725_2129177915_o 14285031_1153451108046391_15884737_o

14233766_1153451098046392_250635181_o 14274266_1153451104713058_456723774_o

LINEで送る
Pocket