オバマ大統領、歴史的な広島スピーチ

オバマ大統領、歴史的な広島スピーチ

2016年5月27日金曜日、
オバマ大統領の広島スピーチの歴史的な瞬間、
原爆投下により亡くなった祖母や犠牲になられた先人たちも
笑顔で応援してくださっているかのような晴天でした。

a

◆―――――――――――――――――――――――――――

黒い雨の被爆地ヒロシマから世界平和を希求するヒロシマとして、
歴史的な第一歩を踏み出しました。

一昨年原作、自費出版致しました、
漫画「キセキのヒロシマ」の中で訴え続けてきた
「人や国を恨んでいない」との被爆者女性の言葉もあり、
恕(ゆる)す心に対しての敬意にも感激致しました。

長い年月待ち続けた被爆者代表と笑顔、ハグは何度見ても感涙いたします。
オバマ大統領の誠意ある態度に真のリーダーの姿を拝しました。

abesan S__7757840

◆―――――――――――――――――――――――――――

わたくしは、2009年世界最大の折り鶴でギネスチャレンジの日より、
お目にかかる方がしあわせになられる事を願って、
又、被爆地ヒロシマが平和に満ち溢れた
Hiroshima is in the pink!になることを願い、
365日ピンクのお洋服を着続けてまいりました。

オバマ大統領がご自分で折られ、
ヒロシマへ贈られたピンクの折り鶴は、
Hiroshima is in the pink!(広島は幸せに満ちれている)」と
これからのヒロシマの使命へのメッセージの様でさらに感激致しました。

ヒロシマへの訪問を「道徳心の目覚めの場所」と名付けられました。

核兵器のない世界を追求する勇気を持ち、
ヒロシマから世界平和を希求する活動を続けて参ります。

★オバマ大統領のスピーチの全文を代表理事のブログにて紹介しております。
http://ameblo.jp/tsp-tada/entry-12165512071.html

◆―――――――――――――――――――――――――――

広島の復興を通じて、「恕(ゆる)す」事の大切さ、平和の尊さを世界に発信しております。